メニュー・料金

ご相談は3つのコースをご用意しています。いずれかをご選択ください。

ご相談は基本的に面談形式ですが、遠方の方や忙しくて時間がとれない方は、メールでの相談も承っています。

まずは、お気軽にお問合せください。(注)サービス内容・料金は状況により、予告なく更新・変更させていただくことがございます。

 

 

グラフィックス1.png

 

こんな方におすすめ

ライフプランの作成をご希望の方 

・100歳までの自身の資金推移について、イメージをつかんでおきたいという方

・どこに原因があるのか、根本的に診断してほしい、効率的に解決したいという方

・人生3大ライフイベント(住宅購入・教育・老後生活)を控えている方

 

料金内訳 

・2回面談(1回目:ヒアリング 2回目:分析結果を踏まえアドバイス)、合計約3時間

ライフプラン表&キャッシュフロー表 診断と作成

 

相談の流れ

①予約受付後、面談日と場所をメールで調整

②1回目面談当日 現状や今後のライフイベント、相談内容等をヒアリング、2回目面談の日程調整

③2回目面談当日 ライフプラン表・キャッシュフロー分析を提示しながら、アドバイス、質疑応答

④相談終了後、料金の精算をいたします

 

※診断とアドバイスの項目

家計収支改善 / 保険見直し(新規含む) / 住宅購入(住宅ローン新規 及び 返済見直し、借換えなど) /

教育資金準備 / 老後生活資金準備 / 資産形成(運用) など

 

 

 

グラフィックス3.png

 

こんな方におすすめ

単独のテーマで相談したい方

・ライフプラン診断・作成やキャッシュフロー分析まで必要がない方

 

料金内訳

・面談1回(所要時間は概ね1時間半~2時間。ご希望により、同料金で2回まで面談可)

(※)1テーマにつきの料金ですが、ご相談内容や状況により、別途お見積りをさせていただきます。一度お問合せください。

(※)ライフプラン診断・作成、及び、キャッシュフロー分析は含まれません

 

相談の流れ

①予約受付後、面談日と場所をメールで調整

②面談当日 お話を伺いながら、それぞれの状況に応じ具体的な解決方法をアドバイス、質疑応答

③相談終了後、料金の精算をいたします

 

ご相談のテーマ例

※一般的な知識・概要説明というより、一歩踏み込んで、それぞれの方の状況やご要望・お考え方を踏まえたアドバイスをさせていただきます。

住宅ローンの選び方・借り換え検討 / 家計の収支を改善 / 投資を始めたい・うまくいかない / 

上手な資産形成・運用方法 / 教育資金の必要額と準備方法 / 保険の選び方・見直し方 / 

不動産投資をやってみたい / 老後生活に必要な資金額と準備方法 / 相続に向けて準備すべきこと / 

起業をしたい / など 

 

 

グラフィックス2.png 

 

こんな方におすすめ

FP相談とはどういうものか、試してみたいという方

・お金に関して、ちょっと疑問を解消したい、ちょっとヒントが欲しいという方

・基礎情報を教えてもらい、自分でライフプランを作ってみたいという方

 

料金内訳

・手軽な価格を第一優先にした、1時間完結コース

質疑応答スタイル、概要の説明、ライフプランの作成方法をお伝えします

(※)個別のライフプラン診断やキャッシュフロー分析は含まれません

(※)時間内であれば、複数テーマの質問も承ります

 

相談の流れ

①予約受付後、面談日と場所をメールで調整

②面談当日 主に質疑応答スタイルで『お金』に対する疑問の解消をお手伝いします

 *質問したいことを事前にまとめておかれるとスムーズです。

③相談終了後、料金の精算をいたします

 

 

                                                                  

初めてご相談されるお客様へのおすすめはズバリ!

グラフィックス1.png 

                           images (2).jpg images (1).jpg 

おすすめする理由

お金の悩みや課題を解決しようとするとき、実は、様々なテーマが関わりあってきます。

例えば、

 

事例1) 老後のお金の不安を解決したいとき、老後生活に必要な資金を算出するとともに、住宅ローン返済見直し、保険の見直し、家計収支の点検、投資運用の活用などの検討が不可欠になってきます。

   

事例2)教育資金の不安を解決したいとき、進学プランに応じた教育資金額の算出をするとともに、住宅購入のタイミングや住宅ローン頭金の金額決定、保険の見直しや活用、家計の点検、相続(贈与)の活用などの検討が必要です。

   

事例3)将来のためのお金の準備をしたいとき、住宅購入教育資金計画のプランニングをするとともに、老後資金まで検討しておく必要があります。それぞれ資金の必要時期に応じて、貯金定期預金だけではなく、iDeCoつみたてNISAの活用も検討する必要があります。もちろん、保険の見直しも必須です。

 

などのように、意外なポイントに悩みを解決するヒントが潜んでいることが多くのケースで見受けられます。

当コースは、最初から大きな視野で全体を広く分析することで、より深刻な問題を含む項目、対策の効果が高い項目が見えてきます。

短時間で効果的な問題解決につながるとともに、結果的に、相談費用も割安になります。

何より、お金の全体感が把握できるので、早く安心を手に入れることができます。

 

                                        ダウンロード (1).jpg

 

 

グラフィックス2.png グラフィックス3.png グラフィックス1.png